IT運用系の仕事の特徴

IT運用系の仕事になるとどうしても捕手、メンテナンスといったところがメインになってきます。いわば、花形である提案であったり、新たなシステムを駆使した提案をクライアントに行うといったことも好くなくなり、比較的地味な仕事になってしまう可能性が出てくるのです。

これはITスキルが高い低いというよりも個人の適性を見て、どちらの仕事のほうがむいているのかどうか見極めていかねばばりません。

しかしながら、わかりやすいところとして何といっても毎日同じような、ようするにルーティンが決まっている仕事であっても飽きることなく、とにかくまじめにこなしていける、そしてそんなマンネリズムの中でも改善を加えていくことができる人材だと思います。これができてこそのプロフェッショナルになるわけです。

運用系の仕事はITといってもAV系の仕事があったり、WEBシステムの仕事があったり、イントラ管理があったりと現状は多岐にわたります。