システムエンジニアの仕事の一つ「外部設計」とは

システムエンジニアの仕事の一つに、「外部設計」があります。

これは、システムエンジニアが行う仕事のうち、「システムの仕様を決める作業」のことです。

これは、以下の3段階に分けられます。

まず、「方式設計」。

「システムの実装方針」「プラットフォームの方針」などを決めて行きます。

アプリケーション全体の構造もこの段階で決めるので、「アーキテクチャ設計」ともいいます。

次は、「機能設計」。

「システムのモジュール単位での分割」「それぞれのモジュールに用いるデータベースの設計」を行います。

具体的にいうと、「データの入力および出力」「データベース相互のデータ交換」などの他、「画面のレイアウト」といったユーザーインターフェースに関わる作業も行うことになります。

そして、上記二つに該当しない「その他の設計」。

「クライアントが要望する機能」「運用規定」「開発費用」などの、実際に運用するにあたって必要な物を設計したり、決めたりして行きます。