ソフトウェア開発における設計の種類と内容について

まず、ソフトウェアなどのシステム開発においてシステムエンジニアはプログラマーとは異なり、プログラミングを含めて大半の開発工程に関わります。

この開発工程のうち、設計にあたる仕事の範囲としては、最初に顧客の要件を洗い出した情報を整理して、実際にプログラミング言語を用いてコーディングできるまで条件や指示内容を纏めるところまでを指すことが多いです。

そして、この場合の設計の種類としては主に基本設計と詳細設計に分かれることがあります。基本設計はソフトウェアを扱う画面を作ったり、ボタンを押したときに行われる処理や画面の変化方法を決めたりするなど、主に操作部分の仕様を決める作業に対し、詳細設計は、基本設計で決まった内容を実際にコーディングして実装する指示内容を決める作業になります。

つまり、SEの仕事で設計の作業は要件定義で決まった内容を実際にコーディングによって形にする設計図を描く作業であると考えたほうがわかりやすいのではないかと思います。