社内ITシステム担当

社内のITシステムに関してはどうしても導入後も外部にその都度の対応を依頼するよりも社内のIT部隊でフォローするほうがコスト的にも非常にメリットがあります。

もちろん、運用に関しては多少の作業であっても、細かい請求を行うことなう、基本的なメニューであればそのまま年間費用の中に盛り込めるので非常に楽なところかと思います。

しかしながら、こうした社内のITシステム担当の仕事しか担当していないとどうしてもいざ、社外のシステムの依頼を受けた際、または異動になって担当した際になかなか付いていけなくなる可能性があります。実質、社内の部署のほうがどうしても当たりそのものはきつくなりがちですが、スキルとは又別物の話です。社外のITシステムに常に触れてスキルを磨いていくのとそのまま社内のシステムでうもれてしまうよりはかなりスキルに違いが出てきます。後は残念ながら人間関係において問題がないかどうかといったポイントだけです。

IT運用系の仕事のコスト

IT企業の仕事についてはどうしても開発費、企画費用などいくつかの分野がありますがなんといっても基本になるのは人件費になります。

そして、見積もり時にどのような難易度の仕事かによって、その短歌も変わってくるのです。しかし、運用系の仕事に関してはもちろん、人件費はさることながら、それ以外の保守対応費用なども含めて費用が決まってきます。実際のところ、人件費のレートは運用系は安くおさえたいというクライアントも多いのが実情です。ですから、どうしても当てられる人材のレートは低いということになりかねません。そこに別途っかってくる保守費用があるわけですから。

これからもこの傾向は大きく変わることはないと思います。しかし、どんどん様々なシステムが収められていく中、間違いなく運用系にかかってくるコストは上がってくることは間違いありません。適した人材確保、効率化を考えていかないとIT企業もそのうちたちゆかなくなってきます。

IT運用系の仕事の特徴

IT運用系の仕事になるとどうしても捕手、メンテナンスといったところがメインになってきます。いわば、花形である提案であったり、新たなシステムを駆使した提案をクライアントに行うといったことも好くなくなり、比較的地味な仕事になってしまう可能性が出てくるのです。

これはITスキルが高い低いというよりも個人の適性を見て、どちらの仕事のほうがむいているのかどうか見極めていかねばばりません。

しかしながら、わかりやすいところとして何といっても毎日同じような、ようするにルーティンが決まっている仕事であっても飽きることなく、とにかくまじめにこなしていける、そしてそんなマンネリズムの中でも改善を加えていくことができる人材だと思います。これができてこそのプロフェッショナルになるわけです。

運用系の仕事はITといってもAV系の仕事があったり、WEBシステムの仕事があったり、イントラ管理があったりと現状は多岐にわたります。

運用系のIT業務について

運用系のIT業務について解説したいと思います。運用系の業務というのは、基本的に保守対応が中心です。何か起こった時のために待機していたり、トラブル発生時にはその対応をしたります。一人で解決できない事象の場合は担当者に取り次ぐという仕事もします。
運用系の業務で辛いポイントは、やはり待機を強いられる事でしょう。常に誰か一人はトラブル対応要員としてシステムに張り付いていないといけないため、深夜に待機をすることもあります。交代制であっても昼夜逆転生活になるため、身体的な負担は大きいと思われます。
また、ただ待機をしていれば良い簡単な仕事だと考えることもできますが、システムにトラブルが発生した場合は真っ先にお客様からクレームとして連絡が入るため、精神的な負担もあります。また、技術的な部分に関わらず、保守作業だけをおこなっている場合は、技術的な進歩がないということも自覚する必要があります。長くその仕事を続けても進歩がないのであれば、将来の自分の首を締めることになります。

IT系の運用の仕事

IT系の仕事には、取引先に対するハードやアプリ等、トータルシステムの設計・導入がありますが、導入後の運用サポートや代行運用を請け負う役務的な仕事も増えてきています。
どの企業でも労働時間の短縮や時間効率を高める動きが活発になってきていますが、そのためには外部へのアウトソーシングを有効な手立てとなります。
このような企業のニーズを捉えて、IT系の企業では、ハード的なシステムの納入たけを行えのではなく、運用サボートも行ないながら、トータル的な業務の代行運用をすることで、より付加価値の高い事業に質を高めています。
そうなると、取引先は単なる顧客ではなく、事業を共同で行うパートナーとしての位置付けが深まってくることになります。
そうすることで、お互いの強みを活かした新たな事業を創造していくチャンスも生まれてくるのです。
運用まで踏み込んだ役務的な仕事は相手の仕事内容がよく理解できることになるので、長期的な事業確立に大きく貢献することができるのです。

IT業界の運用系でキャリア得られます

ITエンジニアの仕事には、運用系の仕事もあります。運用系の業務はIT業界では、かなり必須の仕事内容になります。データーベース・ネットワークなど幅広く扱うことになるため、エンジニアとしてもキャリアを積むことができますし、一つ一つクリアにしていくことで実力を積み上げていくことができます。お客様方の希望を確認し、仕事の効率化を行い、経費削減などできるようなシステム運用を行うことを希望するケースが多いです。システムを導入することで業務内容も大きく変化しますし、IT業界では、こうした運用系の仕事はとても多いでの刺激を受けることができます。キャリアを得ることで仕事の幅も広がります。普段使用しているデーダーベースのバックアップ作業、デザリングなど遠隔地からの操作もできるよう、災害対応など普段からしっかり行うことで、業務を滞りなくスムーズに運用していくことができます。システム運用によって仕事も効率よくできるようになりますし、とても快適な仕事ができるので満足できます。

サポートを疑え

IT運用系の仕事で最も大変かつ重要な仕事は障害対応です。
障害対応は自身の経験やスキルも重要ですが、実際はサポートへの問い合わせが多くなります。
LinuxやWindowsサーバOS、各ミドルウェア、各ハードウェア等、障害が発生すればサポートに問い合わせを行い、必要に応じてサポートの要求するデータを収集し、サポートに送り障害の原因を特定し対処方法を教えてもらいます。
しかし、このサポート対応が意外と大変です。
サポートが要求するデータが障害発生時ではないと取れない、しかもデータ取得に時間がかかる、といったことがあったり、サポートの言っていることが的外れだったり、更に運用対応は24時間だけどサポートの対応は日中だけだったり、とにかく意外と思う通りのならないのがサポートなのです。
そこで、重要な心構えはサポートの言っていることを徹底的に疑い、疑問に感じたことは全てサポートに聞き返すことです。
運用担当はサポートの回答を踏まえてお客様に説明する必要がありますので、間違ったことは言えませんし、「サポートが言ってますから」と他人ごとのような表現も通用しません。
全て、納得してお客様に説明する義務がありますので、お客様の身になってサポートに根掘り葉掘り聞く必要があるのです。
これは、ITのスキルとは違ったもので、一朝一夕に身につくスキルではありませんが、とにかく簡単に信用せず疑うことが重要なのです。

ITサービスの運用業務を仕事にするなら知っておきたいこと

ITサービスの運用業務の中には実際に画面上に表示されているものを更新するものであったり、ユーザーの問い合わせに返信をしたりするサポート業務や、ECサイトの様なものであれば商品の発送や在庫管理までも含まれます。

これらの運用業務をこなすのに求められるスキルというのは「順応性」と言えます。

htmlのコーディングスキルや画像編集のスキルなど、そういったものがあれば担当範囲が広がりますし待遇面にも良い影響があるかと思いますが、実際の運用作業となると会社の環境や扱うサービスによって当たり前ですが使用するソフトや管理画面等の内容は違います。

どんなにスキルがあっても、その業務で使うものに早く慣れる能力があることが即戦力となります。このため、必要なものは「順応性」なのです。

常に色々なサービスを使ってみたり、ワードプレスなどでサイトの更新をしてみたりなどを普段からしておくことで「順応性」を鍛えることができます。

順応性があるということは理解力、把握する力があるということに繋がって運用業務の柱の様な存在になれるので、運用スタッフとして携わってみたいITサービスが在る方は、是非意識してみてはいかがでしょうか。

ITの運用業務は職場で重宝されます

IT企業の運用業務を携わっていると、様々なことに活躍できるようになります。特にデーターの運用などは企業にとってなくてはならないものなので、データーベース構築や運用など、定期的なバックアップを行い、復旧作業をスムーズにできるように色々と活躍できる場もかなりあります。データーの運用はバックアップしたデーターベースを遠隔操作にて手続きするなど、上手に活用することができます。ITの運用業務について、様々な知識が必要になるため、しっかりと勉強しておくことが何より大切になります。トラブル回避のためにもスピーディな対応でデーター復旧することが重要になります。定期的にデーターベースをバックアップすることで、既存のデーターが全て壊れた場合など、以前バックアップを取っていたデーターを手軽に復旧することができ、また構築することで以前の状態へ復旧することができます。データーベース構築ができると技術者としての自信につながります。

IT業界の運用業務はスキルアップできます

IT業界の運用業務は、やり甲斐ある仕事なので、それなりに経験を積んでいくと、かなりスキルアップできます。顧客先のシステムが円滑に作業ができ、正常に動くことが重要なポイントになるためサポート業務など、スピーディに行うことが大切です。例えば、ネットワーク障害やサーバーがダウンした時な素早く対応して状況改善に向けて処理を行う必要があります。システム運用時のログ解析も必要な知識になり、リソースの使用量をチェック、障害・異常発生した時のログやエラーメッセージを解析して、障害対応をきちんと行わねばなりません。基礎的な知識から幅広くIT業界の運用業務は、様々な経験を積んだ人はかなり重宝されますし、スキルアップすることができるので職場でも信頼関係ができるようになります。運用業務など様々な業務が充実しているので、IT業界のスペシャリストとして活躍することができますし、運用業務はかなり企業にとって欲しい人材になります。